AFTIELD inc.

ARTIST

春ねむり

春ねむり

1995年生まれ、横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー / トラックメーカー。17歳からバンドを始め、シンセを担当。21歳、突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始める。自身で全楽曲の作詞・作曲を担当している。

活動をはじめて数ヶ月後には、正規音源未発売ながらBAYCAMP2016にO.A.として出演。 また、音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作ではリリックと歌唱を担当。2016年10月、ファーストミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」でデビュー。

その後、デビュー3ヶ月でワンマンライブをソールドアウトし、冬のBAYCAMP201701、WOOLY SUMMITなど、複数のフェス・サーキットイベントへ出演。

また、トラックメーカーとしての楽曲提供、ソロでの客演参加も盛んに行い、2017年3月にはリミックス作品をリリース。そして、活動開始から一年、セカンドミニアルバム「アトム・ハート・マザー」をリリース。同作品が、2017年6月度「タワレコメン」へ選出。

直後の夏には、オーディション優勝を経て「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」へ出演!(他、カオスフェス、つくばロックフェス、BAYCAMP 2017等へ出演)。さらに、8月には芋生悠主演映画「; the eternal /spring」の主題歌を担当、9月には後藤まりことの共作シングル「はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」をリリース、10月には自身初となるホールワンマンライブの開催が決定。

これが新世代のジェイポップ、こころはロックンロール。

TOPICS

「春と修羅」に武蔵野公会堂ワンマン映像公開

 

アルバムは春が作詞作曲を手がけた全17曲入り。彼女のさまざまなバックグラウンドが詰め込まれたボリュームたっぷりの1枚になるという。本作はDVD付きの初回限定盤とCDのみの通常盤の2形態が用意され、初回限定盤のDVDには東京・武蔵野公会堂ホールでのワンマンライブ「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」のライブ映像のダイジェストがパッケージされる。

20171026 武蔵野公会堂ホール ワンマンライブ映像DVD(ぼくを最終兵器にしたのはきみさ)

  • Intro
  • 怪物
  • 東京
  • ぼくは最終兵器
  • ロストプラネット
  • ロックンロールは死なない
  • <Bonus Track>(「ロックンロールは死なない with 突然少年」レコーディングドキュメンタリー映像)

PMFL-9001 3,000 (税抜価格)+税

 

 

 

RELEASE

2018.4.11 1st Full Album「春と修羅」をリリース!

春ねむり

 

アルバムには、オルタナバンド・突然少年を迎えて再録音した人気曲「ロックンロールは死なない」、シンガーソングライターの長谷川白紙やNEO TOKAIのラッパー・NERO IMAIが参加したリミックスも収録。初回限定盤には昨年10月に東京・武蔵野公会堂で開催された初のホールワンマン「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」のライブ映像をダイジェスト収録したDVDが付属する。

今回のアルバムは表題曲「春と修羅」と「せかいをとりかえしておくれ」の2曲がリードトラック。いずれもシューゲイザー的なサウンドに、突き刺すようなポエトリーリーディングふうのラップが乗った楽曲で、「せかいをとりかえしておくれ」では蓮尾理之(siraph)が編曲を担当している。

 

2018.4.11 release1st Full Album春と修羅 <初回限定盤> CD+DVD

01. MAKE MORE NOISE OF YOU

02. 鳴らして

03. アンダーグラウンド

04. 春と修羅

05. zzz

06. ロストプラネット

07. せかいをとりかえしておくれ

08. 夜を泳いでた

09. zzz

10. ナインティーン

11. ゆめをみよう

12. zzz

13. ロックンロールは死なない with 突然少年

14. zzz

15. 夜を泳いでた(Nemu remix)

16. アンダーグラウンド feat.NERO IMAI(shnkuti remix)

17. 鳴らして(長谷川白紙 remix)

 

LIVE

春ねむりのワンマンライブ「僕を最終兵器にしたのは君さ」

2017年10月26日(木) 

武蔵野公会堂ホール

18:30開場19:30開演

全席指定 ¥3,000(税込)

9月23日(土)発売

PAGE TOP