AFTIELD inc.

BLOG

謹賀新年 ATFマニフェスト2018発表!!

謹賀新年2018 明けましておめでとうございます!!

昨年もたくさんのライブを見届けることができました。
(2017年のまとめは後で書きます。)

今年もエイティーフィールドは、ロックエージェントとして、
たくさんのアーティストをサポートしていきます!!!!!

今年のマニフェストを発表します。 2018元旦 代表 青木勉(P)

ATFマニフェス2018WEB用原稿ai

2017 マニフェスト

今更ですが、今年のマニフェストのおさらいです。
2017年に掲げたマニフェストでしたが、改めて気します。間も無く2017年も5ヶ月たったところですが、しれっと掲げます。

sam_AT_JL230

フォーエヴァーヤング!!開催によせて

メリークリスマス!!
いよいよ ATF 15周年イベント大感謝祭!フォーエヴァーヤング!!を12/25(木)渋谷クアトロ、12/26(金)豊洲PIT にて2DAYS開催いたします。
それぞれ、すばらしアーティストがぎゅっと詰まった,大パーティーです。

両日ともよくぞ、参加してもらえたというメンツになりましたが、そもそも開催を前に
出演していただける参加アーティストについてのお話が出来たらと思います。

エイティーフィールドは、ライブエージェントとして、ツアーのブッキングからイベント企画、運営などを主に行っておりますが、基本的にそこで、アーティストチームのスタッフとして参加さえてもらった、お世話になった方々に参加してもらっております。
今更云うのも何ですが、日本の音楽シーンにとって、かかせない存在であるのは間違いなく、めちゃくちゃシーンをリードしていく、またはしてきたと青木が個人的に思う方々に出演していただきました。

それぞれの思い入れもあって、イベント開催の前に触れておければと思います。

12/25 渋谷でメリクリ編

ART-SCHOOL

言わずと知れた木下理樹が率いるアートとの出会いは、初期のインディーレーベル時代に遡り、はじめてライブを見たのは下北沢SHELTER だったと思います。当時のスタッフからお誘いを受けて、見に行ったライブがヒリヒリと文科系のカートコバーンがいるような、危なっかしいボーカルとものすごいバンドサンドを繰り出すメンバーとのアンバランスがかっこよく、めちゃめちゃいいバンドだなと思い、それ以降、ライブ回りで手伝うかんじになったんだけど、破滅型のバンドだったので、レーベルはやめるは、最終的には、現ストレイテナーのひなっちと大山純が脱退するはと、なかなか前途多難なかんじではあったけど、天才的なアーティストとしての素質と
音楽がカッコいい訳ですね。仕事的には、新メンバーになった初期まででしたが、現在のレギュラーメンバーとなった中尾謙太郎もモーサム勇君もナンバーガールとモーサムという、大好きなバンドたちで、その当時2000年初期にポリシックスと一緒にツアーを回ったりしていたプレイヤーとしても一流な彼らも在籍する新アートスクールは、ある意味最強なんです。

Czecho No Republic

現在、ツアーなどでもっともスタッフとして、関わらせてもらってるバンドの一つであるチェコ。
ライブは見る機会がなかったけど、ミイラズ、踊ってばかりの国のレーベルからのリリースというところで、音源を聴かせてもらうことができて、聴けば聴くほど、どこか切ないメロディーと歌詞と、オウガのような中毒性のある音楽ながら、そのポップ感が抜群な日本では珍しサウンドの先駆者であろう彼らに出会い、ダイナソーのツアーから手伝う事になって、初のツアーの初日から色々あって、紆余曲折、バンドは逞しく、ツアーもなんとか、ファイナルのUNITも大成功!その後もノンストップで、新メンバー加入後の躍進も見ての通り、着実ながら、日本のロックフィールドの新しい可能性を広げている。
と言いつつ、個人的には順風満帆にはいかない,問題の起きる引きがあるバンドっていうありがちなバンドかもしれないです。

シャムキャッツ

デビュー以来、ライブハウスシーンを賑やかせていた彼ら。なかなか癖のある集団だなと音楽は最高だけどって、かんじでイベントにもオファーする企画が何度かあって、なかなか一緒に組む事がなかったのだけれど、昨年末より,東京での活動のお手伝いをするようになって、段々,サポートする機会が増えている現在。2015年は勢力的な活動をサポートしていく事になりそうで、ますます楽しみな彼ら。今後,ものすごいフィールドが広がっていくのが見える。チェコにしろ、シャムキャッツにしろ,日本のロックシーンの新しい波がたくさん来ているのが、嬉しい。

LOSTAGE

彼らも長い。存在的には、2000年前半の大阪RUSH BALLのプレイベント RUSH BALL☆Pという神戸チキンジョージで開催したものすごい良いイベントのOAとして、奈良で凄いバンドがいたというような事で、出演してもらった(メンバーは記憶ないかも)のが初だと思う。その後、銀杏ボーイズの事務所が面倒みるようになって、前田さんが担当になって、現在にいたる。
今は自分たちでレーベルも運営している、相変わらず奈良在住という、ものすごい音をならす、こちらも最高にかっこいいバンドですね。BAYCAMPもレギュラーメンバーってかんじですかね。

ザ・チャレンジ

ザチャレもメンバーが、別のバンド時代に担当のバンドの共演バンドの一つだったりしたことで、知り合いだったメンバーたちが集結したザチャレはある意味スーパーバンドであるけれど。そもそも やんチャレこと活動休止中のhare-brained unity のリーダーであったTJとは、長い付き合いで、自身でもレーベルや新バンドで現在活躍しているけれど、ヘアブレ時代は、長きに渡って苦楽をともにしてきた事もあって、現在なかなかベースを弾いてるTJを観るのは貴重かつ嬉しいものである。そして,楽曲的にはどこか懐かしい抜群のメロディーとパーティーバンドとしての使命みたいな、行き急いでるかんじが今っぽくなくてよいんだけど。もともとメンバーも知り合いという仲で、今年後半からサポートしてます。武道館へ連れてってくれそうなバンドかな?

[DJ] FREE THROW (弦先誠人/神啓文/タイラダイスケ/cabbage boy)

言わずと知れた、まずはBAYCAMPではすっかりお世話になっているDJチーム。先日,新たに新メンバーcabbage boyが加わって4人体制になったフリースロウ。
新宿MARZをレギュラーに今の2010年代以降活躍している多くロックバンドを紹介してきた彼らは、まじにリスペクト出来る数少ないDJチームだと思っていて、そんなこんなで、BAYCAMPでも仕切ってもらう事になっている。こういう周年でも参加してもらえて感謝。
クリスマスっぽく盛り上げてくれると思う。

ATF15周年に寄せて

ATF15周年大感謝!が発表されました。気づけば、15年という月日が流れ、たくさんのアーティストに関わって来て、現在進行形であるということは、この音楽シーンに多少は役にたったということか?と思うことにします。その前のキャリアから換算して人生の半分近くをライブスタッフとしてに過ごしてることになります。

最近でも キュウソネコカミや神聖かまってちゃん、チェコなど、毎度ライブで、目が離せない(楽しませてくれる)アーティストに関わる事が出来て喜ばしい限りです。水曜日のカンパネラへの出会いも最新のTOPICSですし、今しばらくは新たにたくさんアーティストのスタッフとして、サポートしていくことになりそうです。個人的には、これはいい、と思ったアーティストだけしか担当する事はないのですが、少なくとも世の中にカウンター的に影響を与えるような衝動!!日本のロックシーンを代表するアーティストに関わってることに誇りに思います。

イベンター時代にも、今のロックシーンのレジェンドの現場に関わらせてもらったり、担当として、数々のロックバンドを見てきました。その後のエイティーフィールドもブレイクする事もなく、なんとかやってこれたのですが、とはいえ、日本のロック史のいったんを担ってきた感はあって、たくさん同業の有名エージェントはあるのですが、わがエイティーフィールドもポンコツながら素敵なアーティストのみなさんに関われて感謝しております。

BAYCAMP を2011年からスタートする事が出来て、この首都圏では類のない日本のロックイベントとして、まさにテーマであるドキドキとロックの衝動を体感する事の出来る場所であり、4年目を迎え、すでにたくさんのアーティストとオーディエンスのに参加してもらい、おかげさまで,継続して開催する事が出来ました。来年の2月には冬のBAYCAMPも開催予定です(まだ未発表 ).

今年は15周年ということで、何か弊社の大きな企画が出来ればと思っておりましたが、6月に野音でTOKYO CAMP をやってみて、やはりライブハウスだとということで、新たにオープンした新ライブハウス 豊洲PITでの開催と大好きな箱である渋谷クラブクアトロの2カ所で、年末の忙しいタイミングで15周年記念大感謝祭を開催することになりました。発表もぎりぎりでしかも平日ですが、年末ですし、ふらっと遊ぶびにきてもらえたらと思っています。

かつてデビュータイミングからライブ関係で関わらせてもらっていたDragon Ash先輩をライブハウスに呼ぶにはここ(豊洲PIT)しかないだろうという想いもありますが、ポリにしろ,キュウソにしろ、日本のロックシーンで、絶対必要なバンドとして、オリジナリティーという部分でも追随がいないくらいのバンドだと思いますし、フェスならまだしもライブハウスに一同に会するのはなかなかありえないのかなと思います。或る意味、15周年のロック史を垣間みれる瞬間ではないかと思います。フテネコ芦沢さんにもライブペイントや,コラボグッズで協力してもらう予定です。さらに、追加アクトはお楽しみにです。。

そして、渋谷クアトロはクリスマスということで、アートにも参加してもらえるのは嬉し限りですが、少しひねくれた日本のオルタネイティブな代表バンドが集結します。DJにはお世話になってるFREE THROWチームにも参加してもらって、クリスマス感を出してもらおうかと思います。追加アクトもお楽しみに。

現在,オフィシャル先行受付中でございます。手数料もお得ですし、何より通し券は破格。 何卒,宜しくお願いします。

 

ちなみにそもそもエイティーフィールドって何ぞやって人がほとんどかもしれないですが、アーティストがいて、マネージメントがあって,レーベルがあって、という中のライブの専門チームがさらにあって、プロモーターといわれる各地のイベンターのプロがあり(地方の個人イベンターとは根本違います)、ツアーを組んだり、ライブのあり方や全国的なライブの戦略やらを考える参謀(大げさ)的な役割、弊社でいうロックエージェントというライブ制作というポジションがあったり、もちろん音響、照明、楽器という重要なライブスタッフは必需ですが、簡単にいうとそういう仕事。エイティーフィールドを立ち上げた志的には、メジャーなインディーズ問わず、ロック専門のライブのプロ的なものを仕事に出来ないか?と思ってスタートしたのがきっかけで、日本のライブハウスを回ってみたいってかんじで、全国、機材車で回る日々が始まったのですが、すっかりどこでもいけるようになりました。

ATF15周年感謝祭概要

ATF 15th 大感謝祭!フォーエヴァーヤング!!
〜渋谷でメリクリ編〜

2014年12月25日(木) 渋谷CLUB QUATTRO
17:30/18:30
前売¥3,500(税込/D別)
出演:ART-SCHOOL /Czecho No Republic/シャムキャッツほか
[DJ]FREE THROW (弦先誠人/神啓文/タイラダイスケ)

 
ATF 15th 大感謝祭!フォーエヴァーヤング!!
〜豊洲で5PM 編〜
2014年12月26日(金) 豊洲PIT

17:00/18:00
前売¥3,900(税込/D別)
出演:Dragon Ash /POLYSICS /キュウソネコカミ ほか
[LIVE PAINTING]芦沢ムネト

2公演通し券 ¥6,000(税込/D別)[100枚限定]
※2枚チケット発券となります。

オフィシャル一次先行受付中

【URL】
http://pia.jp/a/atfield/

【受付期間】
10/23(木) 正午〜10/30(木) 23:59 まで

復活!ATフィールド全開!!

さて、ATFIELD のオフィシャルサイト(仮)をオープンいたしました。
15周年を迎えて、いよいよ本格的に始動して行こうと思っております。
どんどんリア更新していきます。
よろしくお願いいたします。

 

まだまだ15周年イヤーは終わりません。

 

エイティーフィールド 代表 青木勉

1
PAGE TOP